poem-piece ニュース

    poem-piece info

  • 2019.1.25
    魔夜峰央さんの絵本『けい君とぼく』みらいパブリッシングより2月14日刊行!

    「翔んで埼玉」「パタリロ」の映画公開で、今またさらに熱い魔夜峰央さん。

    絵本出版.comプロデュースで、新刊「けい君とぼく」が2月14日に刊行されます。

     

    1/23(水)の「ノンストップ」でも紹介されました!

    IMG_0389

     

     

    「けい君とぼく」
    魔夜峰央 作
    みらいパブリッシング 刊
    https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_P-8rCbTS4…

     

     

    *絵本出版.comでは、プロアマ問わず、絵本作家を募集
     第2回絵本出版賞は2月初旬に結果発表
     第3回絵本出版賞は、5月10日締め切りで
     まもなく募集開始です

    http://ehonpub.com/

  • 2019.1.25
    奈良の書店「とほん」さんにて『詩の時間』取り扱い中*

    奈良の大和郡山市に「とほん」さんという、とても居心地の良い本屋さんがあります

     

    今は撤去されてしまった、“金魚が泳ぐ電話ボックス”があった「K COFFEE」の前にある、格子戸が美しい小さな本屋さん。

     

    店主、砂川さんにより選び抜かれた良書の中に、

    詩の時間シリーズ

    『幸せは搾取されない』(松崎義行)

    大切なことは小さな字で書いてある』(谷郁雄)

    を置いてくださり、インスタグラムでも紹介してくださいました。

     

    お近くに行かれた際は、ぜひお立ち寄りください。

     

    IMG_0374

     

     

     

     IMG_0376

     

     

     

     

     

  • 2019.1.24
    「俊カフェ」オーナー店主 古川奈央の手記 2月26日刊行

    手記
    札幌に俊カフェができました
    古川奈央・著
    ポエムピースより 2月26日刊行

     

    (編集部より)
    谷川俊太郎の一ファンが
    札幌に個人的な願望で
    谷川俊太郎を探検できるカフェを作った
    詩的でぬくもりあるその「いい空気」に誘われて
    そこにはいつしか様々な人が現れるようになる
    そして
    独特のカルチャーが生まれていった
    これは等身大の現在進行形の記録である


    ****

    カフェを作りたい、俊太郎さんと語らえる空間を作りたい
    俊カフェ オーナー店主 古川奈央の手記
    ただいま編集中!

     

    帯・谷川俊太郎
    デザイン 則武弥

     

poempiece twitter

oblaat twitter