書 籍 紹 介

冰の焔とそこにある恋と 歌 飯島晶子(朗読家) 写真 洪十六

価   格  1,400円+税
判   型  四六版 96ページ
発行年月日  2017年7月7日
ISBNコード  978-4-43423542-9

甘美で刹那くて愛おしい想いが
胸にとどまっている。嵐のように

恋が人生を 深くしてくれる
恋歌と写真の コラージュ

 

微風あり
かざしてみたい青空に
花黙戀の
恋の秘めごと


風吹けば 君に逢いたい
花咲けば 君に逢いたい
嵐吹けば 君に逢いたい
星見れば 君に逢いたい
雪降れば 君に逢いたい
夢見れば 君に逢いたい

なのになぜ 今 君は ここにいない?

人という字が、二人がより添っている形であるように、
人は一人では生きて行けない。

そして、
もう決して恋なんかしない!
と思っているのに
ほんのり甘くてでも酸っぱい時間を
反芻せずにいられない…

成就する恋
それは とっても素敵だけれど…

それが 叶わぬ恋であっても
人生を深く優しくしてくれる…

と、信じていられたら

 

飯島さん歌集_念校_060720

 

発行:みらいパブリッシング

著者略歴
飯島晶子(いいじま あきこ)
洪十六(こう じゅうろく)
Pocket
LINEで送る

poempiece twitter

oblaat twitter