poem-piece ニュース

    poem-piece info

  • 2021.7.9
    詩集「詩人と母」の見本が完成。著者の田原(ティエン・ユアン)さんが来社しました


    2021年冬、ほぼ同じ頃に母を亡くした同世代の詩人が、それぞれの母への想いや少年時代のエピソードなどを詩とエッセイで綴り、それが1冊の詩集になりました。

    この詩集は、母の死をきっかけに生まれた詩集であり、同時に、中国と日本の詩人の友情から生まれた詩集でもあります。


    詩集「詩人と母」の見本が完成し、著者のひとりで中国出身の詩人、田原(ティエン・ユアン)さんが来社しました。

    田原さんは、谷川俊太郎の詩の翻訳者として、中国で広く知られています。


    「母が亡くなった翌日、涙を流しながら、詩を書き始めました。私たち二人の母だけでなく、天下のあらゆる母に感謝します。産んでくれてありがとう」

    これは、田原さんの言葉です。


    「謎」としての母。

    「母の死」をとおして描く「母の生」。

    そこに触れられる1冊です。

poempiece twitter

oblaat twitter

miraipub twitter