書 籍 紹 介

風はひとつなぎ 杉山 悟

価   格  1200円+税
判   型  B6判変形 ソフトカバー 104ページ
発行年月日  2019年07月31日
ISBNコード  978-4-908827-56-3

杉山悟 第四詩集

前作『カピバラノート』に続き、
「つながり」をテーマに書かれた詩とエッセイ


忙しい毎日。適当にすませてしまいがち。
世の中の流れを追うだけの風潮を感じる今。
思いきって、想いをことばに、さぐったら。
あるか、なしか、不思議な呪文。
これを詩、とよぼうか。
この、実験になってしまう実体験。
書きながら、からだを流れる生に耳を澄ませて、みた。


【本文より】

ムービー天幕青い空

そらは痛々しいほど青い。
宙空を素粒子が、空間の隙間には私たちの声が。涙ひとつぶほどの
期待をこめて、足を一歩ふみだす。今日も、空がキレイだ。

著者略歴
杉山 悟(すぎやまさとる)
Pocket
LINEで送る

poempiece twitter

oblaat twitter